韓国戸籍の翻訳・取り寄せ、帰化申請なら

韓国戸籍翻訳センター

〒542-0076 大阪市中央区難波2-3-11ナンバ八千代ビル2階D号室
在日総合サポート行政書士事務所

無料相談実施中

お気軽にお問合せください

韓国戸籍の格安翻訳と取り寄せ、韓国戸籍整理なら、”韓国戸籍翻訳センター”へどうぞ!!
【 家族関係証明書翻訳 1ページ     ¥1,000 】 

韓国戸籍と在日韓国人の相続・帰化が専門

韓国戸籍翻訳センターのホームページへようこそ。

このホームページが、あなたの悩みを解決する糸口になることを願っています。

特に韓国戸籍に慣れておられない士業の先生方を完全サポートします相続登記や帰化手続に必要な戸籍の種類、戸籍類の過不足点検、戸籍内容の問題点の指摘等を無料でしています。

私たちは、帰化申請・不動産相続登記、官公庁各種届出に通用する【 韓国戸籍翻訳のプロ 】です。

また、【韓国財産の相続・売却のプロ】でもあります。

私たちは、韓国戸籍の翻訳、戸籍整理、相続、帰化等で、在日が悩んでいる複雑な問題を解決する

在日に役立つNO.1の行政書士事務所

を目指しております。

  • 家族関係証明書翻訳   1ページ    ¥1,000 
  • 除籍謄本翻訳            1ページ    ¥2,000
  • 日本の住民票・受理証明書翻訳   ¥3,000
  • 日本の戸籍謄本・各種届出翻訳   ¥7,000
  • 韓国戸籍の取寄せ(翻訳依頼附)   ¥2,000 
  • 韓国の印鑑証明・住民登録票翻訳¥7,000

 

  • 死亡出生・婚姻調停離婚の領事館申告代行  
  • 在日韓国人の遺言・相続手続 
  • 韓国内の相続財産の調査及び相続手続代行
  • 韓国不動産の売却、代金の日本搬入
  • 在日韓国人の帰化・入管手続

  など、在日韓国人のためのさまざまな手続業務をサポートしております。

  • 婚姻届に必要な婚姻関係証明書・基本証明書、帰化申請に必要な家族関係証明書5種類・除籍謄本などの韓国戸籍の翻訳は 1ページ1,000円~ と格安でご提供させていただいております。
  • 翻訳を担当するのは、この道20年以上の経験を持つベテラン。精度の高い翻訳を低価格でのご提供可能です。また、韓国戸籍の不備でお困りの方は、どうぞお気軽にご相談ください。

○ PDF添付メールまたはFAX、郵送で申込OK。

○ 日本全国からの翻訳、取寄依頼に対応します。

○ 守秘義務を課された行政書士への依頼が安心。

  ほとんどの案件にはお客様の個人情報やプライバシーが含まれています。

  ★翻訳会社と守秘義務契約を結んでおられますか?

  • 行政書士には法律上守秘義務があります。顧客に関する情報を保護する責任が課されています。

 

  • お見積りの請求や翻訳依頼はメール、Faxでどうぞ

       メール:info@japankorea.jp

       FAX  :06-6211-8322

 


《 高品質の翻訳精度を低価格でご提供 》

  婚姻等の家族関係証明書類 1ページ ¥1,000.-

  除籍謄本(手書包含すべて)1ページ ¥2,000.-

  相続登記、帰化申請に合わせた適切な翻訳

  土・日・休日・夜間でもPDF添付メールで申込OK 

  申込と同時に見積書と完成予定日を返信

  OEM(翻訳者名なし)発行OK

  行政書士として守秘義務があり、安心できます!

  相続・帰化に必要な戸籍を不足なく取寄せます。

  不要な戸籍を見分けて無用な翻訳を排除します。


  戸籍の疑問点や内容について無料で解説します。

  士業の先生方の期待を裏切らない翻訳をします。

  士業の先生方のご質問に無料でお答えします。

  自力で帰化申請される方の悩みにお答えします。

   翻訳依頼された方の帰化申請の相談は無料です。
 毎日数件、士業の先生方や在日の方からのお問い合わせ、ご質問を受けておりますが、すべて無料でお応えしています。お困りの先生方、悩んでおられる在日の方々の少しでもお助けになれるなら嬉しく思っております。
 親切すぎ、応えすぎが当事務所のモットーです。
 

この道20年超のベテランが目的に合わせて的確適正な翻訳を実現

  • 韓国戸籍を日本の官公庁に提出するためには、韓国の法律に従って記載されたハングル文字や朝鮮元号の戸籍を日本の裁判所や法務局が受け入れる正確な翻訳をしなければなりません。
  • 領事館では現存するすべての除籍謄本を交付してくれますが、再製原戸籍等により不要な除籍謄本もあります。その見分けは単なる翻訳家ではできません。帰化や相続手続で何の書類が必要かを熟知している私たちは、金儲けのための無駄な翻訳は致しません。
  • 韓国戸籍は間違いが多く、日本の出生届や外国人登録関連書類と整合性を持たないことが多くあります。翻訳経験が浅い方では、官公庁に提出できない翻訳になることも。官公庁が要求する内容や整合性を知らないからです。直訳でなく適正な翻訳を心掛けています。
  • その点、当事務所では、韓国戸籍の翻訳を手がけて20年以上のベテランスタッフが担当いたしますので、ご安心ください。

翻訳は1ページにつき1,000円と格安の料金での提供

  • 韓国戸籍の翻訳はページ数も多くかなりの高額になりがちです。当事務所では、20年以上に及ぶ経験から、効率的に翻訳する方法を体得。一般的な価格の半分、家族関係証明書  1ページ1,000円(5種類ワンセット\5,000.-)特に好評なのは除籍謄本も電算・手書きを問わず、すべて1ページ\2,000.-にてサービスをご提供させていただいていることです。
  • 戸籍の取り寄せや翻訳が急に必要になることもよくあると思います。当事務所は韓国領事館から徒歩4分の所に位置しています。急ぎの戸籍取り寄せ・翻訳作業を承っております。

士業の相続・帰化業務をサポート
戸籍の見方や問題点も助言します

  • 士業の先生方を専門にお客様としておりますが、相続登記や帰化申請に適合するように翻訳に細心の注意をしておりますので、安くても質の高い翻訳にご満足いただいております。
  • 丸投げで結構です。必要な戸籍の取寄せから関係図の作成、翻訳までワンストップでさせていただきます。
  • おかしい内容の戸籍や戸籍の間違いを指摘して対策をアドバイスします。
  • 戸籍を韓国戸籍に多い​再製原戸籍等を見分け、重複する無用な翻訳を排除できます。(これにより費用が半分近く節約できます。)
  • 戸籍以外に関するご質問でも、在日韓国人のことなら無料にて対応させていただいております。
  • 会社登記で法務局へ提出する韓国の印鑑証明書、住民登録票の翻訳もしています。
  • 士業の先生からの急ぎの依頼に対しては優先処理します。土・日・休祭日の翻訳依頼にも対応しています。FAX、e-mailでも受付可能です。

ワンストップでの日韓戸籍整理
1枚だけの翻訳でもOKです

  • 領事館への死亡出生、婚姻、離婚等の申告に必要な書類取寄せと翻訳及び申告代行まで一連の手続きをワンステップでお引き受けしています。
  • 市区町村、年金事務所へ婚姻関係証明書翻訳等1枚からの翻訳もお受けしています。
  • 在日が求めているものが何かを把握しているからこそ、きめ細かいサービスを提供できます。

顧客情報の保護と守秘義務

  • 帰化・相続・戸籍整理の​ほとんどの案件にはお客様の個人情報やプライバシーが含まれています。昨今個人情報の流失が騒がれています。お客様の情報を守らねばなりません。翻訳会社と守秘義務契約を結んでおられますか?
  • 行政書士には法律上守秘義務があります。顧客に関する情報を保護する責任が課されています。

韓国領事館にも近く、
交通アクセスも便利

  • 韓国総領事館へ400メートル(徒歩4分)
  • 当事務所が領事館の近隣であり駅近なので、領事館へ行く前や領事館の帰りに翻訳を申し込まれるお客様が非常に多いです。
  • なんば交差点からすぐ千日前通に面しています。
  • 地下鉄御堂筋、千日前、四つ橋、近鉄線、阪神線の
  • 「なんば」駅24号出口上がり右方向ヘ、千日前通に沿って西へ約100m(徒歩1分)
  • (近畿大阪銀行・あおぞら銀行の大看板がある出口側、四谷学院の黄色い看板 方向)
  • ビルの上方に「前田不動産」の看板
  • 隣に駐車場「ひまわりパーキング」とホテル建設工事中の場所との間にあります。

韓国戸籍翻訳サービスの特徴について詳しくはこちらをクリック

お客様のプライバシー!守れていますか?

  • (-ω-)/「あの人は帰化申請しているぞ」と誰かが漏らしている
  • (-ω-)/「あの家は相続手続きの最中だ」と誰かが漏らしている
  • (-ω-)/「あの子は養子だったんだあ~」と誰かが漏らしている
  • (-ω-)/「韓国にも奥さんと子供がいる」と誰かが漏らしている
  • 戸籍は個人情報とプライバシーの塊です!
  • 安易に外注してお客様の情報が第三者に知られていませんか?
  • 翻訳外注先は行政書士のように守秘義務のある会社ですか?
  • 翻訳外注先と守秘義務契約を結んでから依頼していますか?
  • 私たちはお客様のプライバシーを守っています!

韓国籍の方が亡くなられた場合、適用される法律は韓国の相続法です。ご家族である相続人全員が帰化されていても韓国法が適用されます。相続人の範囲や相続分配比率が日本法と違いますので、身近である日本法を適用するよう旨明言して、遺言書を残されることでがよいと思います。

詳しくはこちらをクリック

日本法を適用するか、韓国法を適用するかで相続の割合が大きく違ってきます。1例を挙げれば、妻と子供を残して亡くなられた場合、日本法によれば妻が相続財産の1/2、子供たちが残りを分配しますが、韓国法の場合妻は子供達一人の分配分の1.5倍です。子だくさんの場合妻の取り分は少なくなります。

詳しくはこちらをクリック

2008年から韓国戸籍制度が大きく変わりました。戸主中心の本籍地戸籍制度(戸主を中心としてすべての親族が記載されている)から個人中心の家族関係登録制度に代わりました。それより前の変動記録は除籍謄本となった従前の戸籍を調べないとわかりません。

詳しくはこちらをクリック

帰化申請や相続登記には韓国の戸籍が必須です。現在は個人ごとに➀基本証明書②家族関係証明書③婚姻関係証明書④入養関係証明書⑤親養子入養関係証明書が作成されています。自分の父母妻子の事項だけ記載されており兄弟姉妹は記載されていません。

詳しくはこちらをクリック

サービス紹介

無料相談・お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

06-6211-8321

受付時間 10:00~17:30(定休:日祝)

土曜日は帰化・相続の予約相談日です。

夕方及び土曜日のご相談は事前に予約が必要です。

直接 info@japankorea.jp にお問い合わせくださっても結構です。

無料相談実施中!!

当事務所で無料相談を行なっております。

06-6211-8321

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。
info@japankorea.jp

無料相談・お問合せ

ごあいさつ

鄭相憲(チョンサンホン)
資格、経歴
  • 1979年明治大学法学部法律学科卒業
  • 2011年32年間勤務した韓国外換銀行を退社
  • 2012年行政書士登録
  • 2014年20年超のボランティア実績を活かして「韓国戸籍翻訳センター」設立、2016年7月に法人化
  • 大阪韓国総領事館に近い「なんば駅」から1分の場所に「在日総合サポート行政書士事務所開設
  • 全国相続協会相続支援センター加盟「大阪在日韓国人相続相談室」設置

格安の料金で、満足していただける翻訳を提供します。親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

代表者ごあいさつ